芸能ニュース

令和初の芥川賞と直木賞受賞者発表!受賞者のプロフィールと出身を紹介!

更新日:

こんにちは!

令和初となる芥川賞と直木賞の受賞者が先程決まりました。

令和になって初めてのため注目度も高いですね!

今回は令和初となる受賞者、芥川賞と直木賞の受賞者の出身と素顔に迫っていきたいと思います!

1.芥川賞受賞者

芥川賞の受賞者は今村夏子(39)さん。

受賞作品は『むらさきのスカートの女』

気になるストーリーを少し紹介すると

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性が気になって仕方のない〈わたし〉が、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で彼女が働きだすよう誘導するというストーリー。 

プロフィール

今村夏子
(1980年2月20日)広島県広島市安佐南区生まれ

代表作

  • 『こちらあみ子』2011年
  • 『あひる』2016年

主な受賞歴

太宰治賞(2010年)
三島由紀夫賞(2011年)
河合隼雄物語賞(2017年)
野間文芸新人賞(2017年)
芥川龍之介賞(2019年)

Wikipedia引用

小説家になろうとしたきっかけは?

広島から大阪の高校を卒業し、清掃などのアルバイトを転々とされたそうです。

29歳の時に「明日休んでください」といわれて、小説家になろうと思い付いたのがきっかけといわれています。

家族は?

2013年に結婚し、夫と二人で暮らしているそうです。

2.直木賞受賞者

直木賞受賞者は大島真寿美(56)さん

受賞作品は『渦 妹背山婦女庭訓(いもせ やまおんなていきん) 魂結(たまむす)び』

気になるストーリーを紹介すると、

受賞作は浄瑠璃作者・近松半二の生涯を描いており、著者の長年のテーマ「物語はどこから生まれてくるのか」が、義太夫の如き「語り」にのって、見事に結晶した作品です!

プロフィール

大島真寿美

1962年9月19日愛知県名古屋市出身

高校在学中より脚本の執筆を開始。1985年より劇団「垂直分布」主宰(1992年解散)、脚本・演出を担当[3]

小説家へ転身し、高校在学中の講演会で卒業生の山田正紀から受けた助言に従って新人賞への応募を開始[4]1992年「春の手品師」で第74回文學界新人賞受賞。同年すばる文学賞最終候補となった『宙の家』が刊行される。2012年『ピエタ』で第9回本屋大賞第3位。2014年『あなたの本当の人生は』で第152回直木三十五賞候補。2019年、初めて時代小説に挑戦した『渦 妹背山女庭訓 魂結び』で第161回直木三十五賞受賞。

Wikipedia引用

主な作品

『宙の家』(1992年11月 集英社 / 角川文庫

    宙の家(第15回すばる文学賞候補作)

    空気(『すばる』1992年9月号)

ぼくらのバス(1997年3月 偕成社 / 2007年5月 ピュアフル文庫

ココナッツ(1999年7月 偕成社)

『羽の音』(2001年5月 理論社 / 2009年12月 ポプラ文庫

『水の繭』(2002年7月 角川書店 / 2005年12月 角川文庫)

『チョコリエッタ』(2003年3月 角川書店 / 2009年3月 角川文庫)

『かなしみの場所』(2004年6月 角川書店)

『ちなつのハワイ』(2004年7月 教育画劇 / 2010年2月 ポプラ文庫ピュアフル)

『空はきんいろ フレンズ』(2004年9月 偕成社 / 2008年5月 ピュアフル文庫)

『香港の甘い豆腐』(2004年10月 理論社 / 2011年6月 小学館文庫

『ほどけるとける』(2006年7月 角川書店)

虹色天気雨』(2006年10月 小学館 / 2009年1月 小学館文庫)

『青いリボン』(2006年11月 理論社)

『ふじこさん』(2007年6月 講談社ISBN 9784062139496

    ふじこさん(書き下ろし)

    夕暮れカメラ(『小説現代』2005年7月号)

    春の手品師(『文學界』1992年6月号)

『やがて目覚めない朝が来る』(2007年11月 ポプラ社

『すりばちの底にあるというボタン』(2009年2月 講談社)ISBN 9784062153065

『三人姉妹』(2009年4月 新潮社)ISBN 9784103144311

『戦友の恋』(2009年11月 角川書店)ISBN 9784048739900

ビターシュガー』(2010年6月 小学館) ISBN 9784093862790

『ピエタ』 (2011年2月 ポプラ社 / 2014年2月 ポプラ文庫)

『それでも彼女は歩きつづける』(2011年10月 小学館) 

『ゼラニウムの庭』 (2012年9月 ポプラ社)

『三月』(2013年9月、光文社)

『ワンナイト』(2014年3月、幻冬舎)

『あなたの本当の人生は』(2014年10月 文藝春秋

『空に牡丹』(2015年9月 小学館)

『ツタよ、ツタ』(2016年10月 実業之日本社

『モモコとうさぎ』(2018年2月 KADOKAWA)

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』文藝春秋 2019 (近松半二を描く)

Wikipedia引用

まとめ

今回は2019年7月芥川賞と直木賞の受賞者についてお話させていただいただきました!

これからも二人の活躍に期待です!

-芸能ニュース

Copyright© YM-aloha , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.