スポーツ

米ドラフト1位候補カータースチワート選手がソフトバンクと契約!!カータースチワート選手とはどんな選手?ホークスに入った決め手は?

更新日:

日本プロ野球パリーグのソフトバンクが、22日アメリカの有望ドラフト1位候補カータースチワート投手と契約に合意したと米の複数のメディアが報じました!

野球会ではかなりのビッグニュースだそうです!

なので、このブログではカータースチワート投手はどんな選手なのかホークスにはいった決め手を紹介したいと思います!

【2019年セパ交流戦】開幕戦の日程と気になる対戦カードを紹介!!

「カータースチュアート ゴルフ」の画像検索結果

カータースチワート投手

経歴

フロリダ州オー・ガリーにあるオー・ガリー高校を卒業した。2017年にはジュニアとして、11勝2敗・防御率0.81・104奪三振を成績を残した。夏の間は、ペトコパークで開催されたパーフェクトゲームオールアメリカンクラシックに参加した。2018年にはシニアとして6勝2敗・防御率0.91・128奪三振を記録し、フロリダ州のGatorade Baseball Player of the Yearに選ばれた

トップ有望株として注目され、2018年6月のMLBドラフトでアトランタブレーブスから全体8番目で指名を受けた。しかし、身体検査で右手首に異常が見つかったこともあり、ブレーブスの提示した契約金額がスチュワート側の要求と開きがあったので、契約期限の7月6日までに合意しなかった

そのため、2019年のドラフトでの選考対象となるために、東フロリダ州立短大に入学した。NJCAAに所属するEFSCタイタンズでプレーし、13先発で、2勝2敗・防御率1.70・108奪三振を記録した。

Wikipedia引用

趣味はゴルフ!

3歳で始め、日本にも愛用のゴルフクラブを持ってきたそうで、

「ベストスコアは65」と笑顔で言うところをみるとかなりの自信があるようです!

ドライバーでは巨体を生かし、何と360ヤード飛ばせるといいます。

「65」のスコアは米国男子ゴルフツアーでも、首位争いができるレベルで、

日本人プロで世界でも活躍する松山英樹プロは平均飛距離は304ヤードなので

360ヤードのスチュワートの飛距離は米ゴルフでも注目されていたようです!

大学からゴルフ競技でスカウトされたこともあり、かなりの身体能力を秘めています!

プロゴルファーになってもおかしくない逸材ですね!

身長は実に198㎝と大柄で、その長身から繰り出される角度のあるストレートは最速98マイル(約158km/h)にも達します。

今のところ判明している球種は

その他の球種は、約140km/hの縦割れカーブになります。

ストレートと縦割れカーブ 、このほかにチェンジアップも投げられます。

Wikipediaによると、アメリカでもかなり注目されたようです。

怪我で契約が破断になったようですが、ソフトバンクにはいってどういう活躍をするのか、育成という点でも注目を浴びているようですね。

ホークスに入った決め手は?

「カータースチュアート ゴルフ」の画像検索結果

今回、カータースチュアート選手がホークスに入った決め手となったのは恵まれた設備と三軍制度にあるとのこと。

メジャーではどんな有望な若手であっても最初はマイナーリーグを経験します。

最低3年です!

長時間移動は当たり前、毎日試合をし実績を上げていかなければ、

いつまでもマイナーリーグでプレーをしなければなりません。

世界中から有望な若手が揃うマイナーでもメジャーに上がれるのはごく一部です。

日本だと長距離移動はなく、練習設備はマイナーリーグより整っていて

契約金も若手にしてはかなりの破格の金額です(推定出来高を含め6年13億!!)

日本で活躍し認められれば、そこからメジャーを目指すのは可能なことも要因だと思われます。

最後に

今回はカータースチュアート選手がどんな選手なのか、ホークスに入った決め手を紹介させていただきました。

ホークスファンではありませんが、カータースチュアート選手の活躍が楽しみですね!

これを機に逆輸入の選手が増えてプロ野球が活性化されるとこれからのプロ野球も楽しみになります!

-スポーツ

Copyright© YM-aloha , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.