イベント 芸能ニュース

2022年朝ドラ「ちむどんどん」の意味は?あらすじや出演キャストを調査!

更新日:

2022年前期のNHK連続テレビ小説の内容とヒロインが3日、同局の朝の情報番組「あさイチ」(月~金曜午前8時15分)の中で発表されました。

106作目となる朝ドラのタイトルは「ちむどんどん」でヒロインは沖縄出身の女優でアシガールでもおなじみの黒島結菜(23)が務めます。

今回この記事では2022年朝ドラ「ちむどんどん」の意味やあらすじや出演キャストを調査したいと思います。

2022年朝ドラ「ちむどんどん」のあらすじは?

比嘉暢子(黒島結菜)はサトウキビ農家の4兄妹の次女に生まれます。

1960年代、沖縄やんばる地方で生まれ育ち、食いしん坊で美味しいもの大好きな少女だそう。

初めてたべた西洋料理に感動して料理人を目指していくストーリー。

1972年、本土復帰のその年に、高校卒業をして東京へ上京します。

横浜市鶴見で暮らして料理修行し、人生を変える人たちとの出会い、恋愛を経て暢子は東京で沖縄料理店を出す夢に挑戦していくというあらすじです。

女優黒島結菜2022年朝ドラ「ちむどんどん」出演キャストは?

脚本は羽原大介(NHKドラマでは過去に「とんび」「マッサン」など担当)で、オリジナル脚本作品。

 

語りはジョン・カビラ(沖縄県出身)。

 

女優黒島結菜プロフィール

黒島 結菜(くろしま ゆいな)さんは1997年3月15日生まれ。沖縄県糸満市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

黒島結菜さんは「マッサン」 「スカーレット」に続く朝ドラ出演にして、初の朝ドラヒロイン。

ちむどんどんの意味は?

「ちむどんどん」は、心がワクワクドキドキするという意味。

2022年は本土復帰から50年で、舞台は沖縄。調理人を目指して東京進出。やがて東京で沖縄料理店を出すことを目指します。

沖縄料理に夢をかけるヒロインと、強い絆で結ばれた4兄妹の織りなす、笑いと涙の「家族」と「ふるさと」の物語です。

まとめ

女優黒島結菜2022年朝ドラ「ちむどんどん」のあらすじや出演キャストを調査してみました!

沖縄本土復帰50周年という節目に朝ドラの主演に選ばれた黒島結菜さん。

アシガールやマッサンで演技力を評価されヒロインに抜擢されたので今後の展開が楽しみですね!

コロナで撮影は大変田と思いますが、これからの活躍にきたいです!

-イベント, 芸能ニュース

Copyright© ドラマハウス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.